ゆるはぴ☆

ゆるーくハッピーな毎日を!育児・健康・家事・美容・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログです♪

体験しないと解らない!専業主婦が頭を抱える、子育ての悩みアレコレ。

私は子供を産む前は正社員として勤めていて、その仕事はとても楽しくてやりがいがありました。職場が自分の居場所だと思っていた為、出産しても仕事は続けたいと考えていました。

自分の育ってきた環境も共働き家庭だったのもあり、専業主婦の生活を全く知らない私は専業主婦って退屈なのではないか?毎日平凡で、子供と遊ぶだけの日々なのでは?と安易な考えを持っていました。

しかし、実際結婚・出産となると色々な事情から私は会社を辞めて知らない土地で子育てをする、専業主婦となりました。

そこで初めて、専業主婦がこんなに大変なのだという事を知ったのです。

もちろん、大変と感じる部分は人それぞれ違うと思います。
でも専業主婦というのは、自分から何もしないと閉鎖的な世界となり子育てにおいての悩みも1人で抱え込んでしまうママが多いのではないでしょうか。

規則やマニュアルがない分、全てが自己判断と自己責任。
こんなに専業主婦という立場が悩みを抱えるものだとは思いませんでした。

乳児期から1歳台の、子育て中の専業主婦ならではの悩みとはどういったものが多いのでしょうか。自身の体験談を交えご紹介します。 

あの人と私は何が違うの?子育て中、イライラする人としない人。

f:id:iafa9itducyyrer0brn0:20190621124957j:plain

子供が乳児の頃って、育休中のママと専業主婦の生活はそれほど変わりないですよね。

子育てをする中で会社に属しているかそうでないかの違いしか無い、と思っていました。だけど周りの育休中のママと話をしていると、ちょっとした違いに気付いたのです。

育休中のママは近い未来に仕事復帰が待っており、限られた時間の中で育児をしていました。

そのため、1日中一緒にいれるのは今だけかもしれないから…と時間を勿体なく感じているママが多く、イライラしている人はあまり見かけませんでした。

一方専業主婦のママ達は、毎日家事育児の生活にグッタリしている人が多く、時間を勿体なく感じるどころか1日1日を乗り切ることで精一杯。早く時が経って子供が成長してくれることを願うママが、私を含め多くいました。毎日追われる事の多さに、イライラする事も少なくありません。

同じような生活をしているはずなのに、この気持ちの違いはなんなんだろう。産前にイメージしていた専業主婦とは大きくかけ離れた現実が待っていました。

毎日全力の子育て。疲れたママが育児から逃げたいと思う時。

f:id:iafa9itducyyrer0brn0:20190621115337j:plain

自分の子供が1歳を過ぎたころに、職場復帰となったママ達と会う機会がグッと減ってしまいました。子供が乳児の時は同じような悩みを相談したり、一緒に遊びに行ってたので少し寂しい気持ちになった事を覚えています。

そして同時に、「仕事と育児の両立が羨ましい」と思った時期でもあります。

24時間子供と一緒の日々。気分転換を兼ねて、少し子供と離れて家事育児以外の仕事をして、社会の中で認められたい。など、ないものねだりをしていました。

そんな中でも我が子はどんどん成長していくので、また日々を乗り切るのに精一杯。
乳児期を卒業し動きが活発になってくるようになると、新たな悩みが出てきます。

それは、1日1日をどうやって過ごすかという事です。

私の娘は非常に活発でお友達と遊ぶのが大好き!1日中家にいるとストレスが溜まってしまうタイプなのです。

雨の日はどこに行こう?と考えたり、今日はあそこの幼稚園が園庭解放しているな、とチェック。子供が楽しめる場所を探すことに頭を悩ませ、毎日外出し子供と一緒に体力を使うという事は本当に大変です。

1日でいいから、子育てから解放されたい!と思う程辛い思いをしているママ達は非常に多いのです。

子育てに差が出る?!共働き家庭と専業主婦の環境の違い。

f:id:iafa9itducyyrer0brn0:20190621125156j:plain

もう1点、最近気になることは子供の成長速度です。

共働きだと、子供は保育園に預ける家庭がほとんどだと思います。保育園生活に慣れている子と、そうではない子の差を感じた事がありました。

以前、自分の娘と、保育園に通っているお友達を遊ばせていた時に驚いた事があるのですがそのお友達は、「集団の中でのルールを知り、それに沿った行動」が出来ていたのです。当時娘は1歳半、お友達も同じ月齢でした。

滑り台などの遊具で遊ぶ際に順番で使う事。お友達が遊んでいるものを貸してほしいときは「貸して」と言う事など…。ずいぶん理解しているようでした。

日々子供同士、集団の生活をしているのと、そうでないのでは差がかなりあるんだなぁと思い知らされました。

専業主婦の家庭の場合、上記のような躾は母親である自分が行わなければいけないのかとさらに責任重大だと感じてしまいます。

専業主婦が頭を抱える、子育ての悩みのまとめ

f:id:iafa9itducyyrer0brn0:20190621125358j:plain

以前、子供を保育園に預け働いているママにこう言われた事があります。「働いている私達は、家庭と保育園の2つの場所で子育てをしているけど専業主婦の人たちは全てを1人でこなしているから凄いよね!頭が上がらないよ。」と。

専業主婦も共働き家庭も、子育ては同じくらい大変なのだと思いますが、頭を悩ませる内容は少し違ってくるのではないでしょうか。

専業主婦ってどうしても閉鎖的な環境になってしまいがちです。

子供としか会話しない日常もストレスが溜まります。この大変さは、実際体験してみないと分からないもの。

働いているママにも、専業主婦には分からない悩みが沢山あるのだと思います。

隣の芝生は青く見える」というのは本当で、自分と違う環境の家庭をみると羨ましくなってしまう事がありますよね。

子育てに近道はありません。色々な環境があると思いますが、それぞれ悩みを共有できる仲間と共に子育てを楽しみたいものですね。